お顔が選べる雛人形【ふらここ】をレビュー

暮らし
スポンサーリンク


やまみ
やまみ

こんにちは、やまみ(@yamaminokurashi)です。

夫・娘・猫・私の4人暮らしをしています。


もうすぐ雛祭りですね。

我が子にとっては初節句。

我が家では、一目ぼれした【ふらここ】の雛人形を選びました。

今回はふらここの雛人形の魅力を写真付きで紹介します。


この記事はこんな方におすすめ

▸ ふらここの雛人形を検討中の方
▸ どの雛人形にするか迷っている方
▸ 孫・娘に雛人形をプレゼントしたい方


スポンサーリンク

ふらここの雛人形について

ふらここの雛人形

ふらここは、すべて職人さんが手作りで作られている雛人形です。

可愛らしい赤ちゃんのようなお顔の雛人形。

一度見たら忘れられない可愛さです。

ふらここのいいところ

可愛らしいふらここの雛人形はいいところが沢山あります。

21種類ものお顔からお気に入りが見つかる

ふらここの雛人形、ことことのお雛様
「ことこと」のお顔

ふらここの雛人形のお顔は21種類あります。

お顔の形、髪型、目鼻立ちなどが異なる、個性あふれるお顔がたくさん。

キリッとしたおめめの美人さんや、きゅるんとしたおめめの可愛らしいお顔など。

カタログを見れば見るほど悩みますが、きっとお子さまにぴったりのお顔が見つかるはず。

◎ ふらここ公式ホームページ「21種類のお顔一覧」はこちら


コンパクトサイズで場所を選ばない

ふらここの雛人形を飾っている最中

ふらここの雛人形は、どれもコンパクトサイズで飾る場所を選びません。

ほとんどが50×50cm以内の場所に飾ることができます。

コンパクトなので、運ぶのも飾るのも簡単です。


様々な色味でどの家・部屋にもぴったり

ふらここの雛人形の全体

ふらここの飾り台やお衣装などは、お顔によって様々。

木のぬくもりのある家、真っ白な家、クールな家、居間や和室など、どんなおうちやどのお部屋に飾るのにもぴったりなデザインが見つかります。


買い足しが可能

ふらここの雛人形は、後からお人形やお道具を買い足すことができます。

五人飾に五人囃子をつけ足したり、つるし飾りを足してみたり。

お人形をつけ足すときは、お顔やお衣装もお好みのものを選べます。

◎ ふらここ公式ホームページ「増やせる楽しみ」についてはこちら


「ふらここお人形病院」で安心のアフターサービス

ふらここのお人形や飾り台などに傷がついてしまったり、手足やお顔が外れてしまったりしたときには安心のアフターサービス「ふらここお人形病院」が利用できます。

購入初年度(購入時期から次の10月31日まで)のアフターサービス無料。

それ以降も1,500~10,500円(税抜)ほどでお直しをしてもらえます。

◎ ふらここ公式ホームページ「ふらここお人形病院」についてはこちら


スポンサーリンク

ふらここの雛人形はどこで購入できる?

ふらここの雛人形を購入する方法は3つあります。

✓ ふらここオンラインショップ
✓ 百貨店
✓ コンビミニ

ふらここオンラインショップ

1つは、ふらここオンラインショップです。

ふらここメンバーズ会員(無料)に登録すると購入することができます。

◎ ふらここ公式ホームページ「購入のご案内」はこちら


百貨店

期間限定ですが百貨店で購入することができます。

取扱店については公式ホームページをご確認ください。

◎ ふらここ公式ホームページ「取扱店一覧」はこちら


コンビミニ

コンビミニはオンラインショップです。

こちらも期間限定で販売をしています。

◎ コンビミニ公式サイトはこちら


スポンサーリンク

ふらここの価格

ふらここの雛人形のお値段は少々お高め。

ですが、すべて丁寧に手作りされていることや可愛らしさ、アフターサービスの充実度などをみると妥当なお値段です。

セット商品値段(税抜)
親王飾69,000~131,000円
五人飾115,000~191,500円
十人飾173,000~234,500円
十五人飾218,500~294,000円


ふらここで購入する際の注意点

ふらここは毎年11月1日に販売を開始しますが、新作商品や販売数の少ないものは即日完売することがあります

お目当てのものが決まっている場合は、早めに注文をするようにしましょう。

また、事前にカタログ請求(無料)をしてじっくり検討することをお勧めします。



【レビュー】ことこと 春のめばえ・紅色

我が家が選んだ「ことこと 春のめばえ・紅色」を紹介します。

ことこと 春のめばえ・紅色

ふらここの雛人形のお内裏様とお雛様

ことことの雛人形のお顔は、すっきり、凛とした表情でありながらも可愛らしさもあるお顔です。

お衣装はやわらかい色合いのもので、温かみがあります。

お衣装について

種類 :正絹金襴
襲色目:色々(今様くずし)


サイズ(飾りつけ時):横42.5×奥行31×高さ34cm

◎ ふらここ公式ホームページ「ことこと 春のめばえ・紅色」はこちら

開封~飾りつけ

ふらここの雛人形の開封~飾りつけの様子を紹介します。

ふらここの雛人形の段ボールの中身

ダンボールを開けたら立派な箱が3つ。

雛人形からする、防虫香のにおいが好きです。


御飾り台の箱の中身

御飾り台の箱の中身はこんな感じ。

立派な御飾り台なので大変かと思っていましたが、簡単そう。


ふらここの雛人形の御飾り台

すぽっと板をはめるだけで完成しました。


ふらここの雛人形の小さな飾り

小さいほうの箱を開けると入っていたのは小さな飾り。

親王台もお花も可愛い。


飾りを飾ったふらここの雛人形

さて、あとはお人形さんです。


ふらここの雛人形がはいった木箱

お人形さんは、こんなに立派な木箱で眠っています。


ふらここの雛人形がはいった木箱
木箱のなかに入ったふらここの雛人形

箱を開けると、想像していたよりも丁寧にお人形さんを守っていました。

これだけ丁寧だと、安心しますね。


ふらここの雛人形

お人形さんたちを並べて、飾りつけ完了です。


ふらここの雛人形を実際に飾ってみた感想

ふらここの雛人形を飾ってみて思ったのは…

やまみ
やまみ

可愛い!

これに尽きます。

お人形さんも飾りも、手に取ってみると職人さんの繊細さが伝わってきます。

娘が大きくなったら一緒に飾るのも楽しみです。


さいごに

ふらここの雛人形を紹介しました。

一度見たら忘れられない可愛さですよね。

お子さまの健やかな成長を願って、ふらここの雛人形を飾ってみてはいかがでしょうか。

雛人形選びの参考になれば幸いです。



☟ ランキング参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

\ わたしが書きました /
やまみ

夫と娘と猫と私の4人で田舎暮らしをしています。家とおいしいご飯と雑貨とコーヒーと音楽が好きです。丁寧に暮らしてる風なことをすることが得意です。

暮らし
スポンサーリンク
\ シェアする /
やまみの暮らし

◎ コメント

タイトルとURLをコピーしました